塗り替えを決めたとき、後悔しないための塗装のFAQ

お客様からよくある質問をまとめてみました。
ぜひ、塗装をお考えの際の参考にしてください。


あっ!壁にヒビ割れが・・・どうしてなの?
硬い皮膜の塗料は、壁と一緒にヒビ割れます。
ヒビ割れが起きると壁に水が浸入し、直ぐに建物は腐食し始めます。
だからヒビ割れは絶対放置してはいけないのです。
ヒビ割れ対策には、伸縮性のある弾性塗料を使うのがベストです。
壁がヒビ割れても、塗料が伸びて水の侵入を防いでくれるのです。
リフォームには、どのような塗料がおススメですか?
耐久性のある、高品質のものがおススメです。
実は塗料の違いが建物の寿命を大きく変えています。
高品質な塗料を用いた場合と、そうでない塗料とでは随分差が出てしまうものです。
一般的に高品質な塗料は高額ですが、寿命が長いので一概に高いコストだとは言い切れません。
長い目で見ると、むしろ低コストになる場合があります。
外壁や屋根の調査はどのような事を行うの?
専門の職人がくまなく診断し、状況をご説明します。
塗り替えを行うには、お客様が住まいの現状を知ることが重要です。
お客様が目の届かない屋根などは、デジカメで撮影をし、状態を確認していただいております。
一般的に7年経つとコケ・カビ・ヒビ割れなどの現象が出始めますので、ご自身の目で確認していただき、それを目安に塗り替えを行うと良いでしょう。
複数の業者の見積もりから一番安い業者に頼んでも大丈夫?
安易に金額だけで決めるのはとても危険です。
塗装にも、相場価格というものがあります。
極端に高い金額や極端に安い金額を除けば、見積りの金額だけでは判断しにくい場合があります。
重要なのは、”施工内容に見合った金額”かという事です。
塗料の品質や職人の技術、アフターサービスがしっかりしているのか、安さだけでは選ばずに適正価格で選びましょう。
良い塗装業者を選ぶためのポイントを教えて!
簡単に判断できる方法があります。
下記のチェックポイントでひとつでも心当たりがあれば、その業者は要注意と考えましょう!
□ 見積り

ちゃんと計測して数量を出しているか。(詳しく内容を説明してくれていますか?)
□ 塗料
詳しく説明できるか。適切なものが選ばれているか。(理由もなく当社は通常コレです・・・。と言っていませんか?)
□ 工程表
きちんと提示しているか。また、見やすく分かりやすく、無理のない工程か。
(天気との関係もあるので、当社は工程表は出していないんですよ・・・と言っていませんか?)
□ 保証
保証はついているのか。
これがとっても重要なのできちんと業者に確認してください!要注意

トップへ戻る